Special
特集
Special

プロの料理人も使用する品種をご自宅で

日本の食卓に欠かせない白飯には様々な特徴があり、料理との相性も異なります。例えば、粒が大きくどんな食材とも相性の良いハツシモは、お寿司のシャリとして人気の品種です。プロの料理人にも選ばれる美味しさを、ぜひご家庭でもお試しください。

AdobeStock_124526286

自然の力を借りて減農薬で育てています

減農薬には、「環境に優しい」「何より美味しい」というメリットもあります。一般的な方法では、散布された農薬の効果により、水田に生える雑草や小さな昆虫などはほぼ存在しなくなります。そうすると土へ行きわたる養分が少なくなるため、土から栄養を得ている稲にも同じことがいえるでしょう。対して減農薬栽培の場合、稲を守るために必要な量のみを使用するため、農薬を使用した時と比べてより多くの栄養を残すことができます。雑草や昆虫、微生物から栄養をもらった土で栽培された作物から感じる豊かな風味を、通販で試されてみてはいかがでしょうか。

usd-67411_1920

そのまま食べても時間が経っても美味しい

朝炊いた白飯を、お弁当やおにぎりにして持っていくという方も多いのではないでしょうか。しかし、時間が経って冷たくなり、また硬くなってしまったご飯は好きではないという声も耳にします。温め直しが難しいという方は、時間が経っても美味しい品種を試してみてはいかがでしょうか。ハツシモコシヒカリは冷めても美味しいと評判であり、その特性を活かしてお寿司のシャリに使用されたり、お弁当やおにぎりに最適だと紹介されることもあります。特にハツシモは県内でしか生産・流通していないため、一度試してみたいという方は便利な通販がおすすめです。

冷めてもおいしく、どんな調理法でもおいしいお米があれば購入したいと考えている方や、どの品種を購入すべきか迷っている方は、ぜひ一度ハツシモをお試しください。ハツシモはまさに万能な品種であり、冷めても美味しいという特長を持つことからお寿司のシャリにも使用されています。さらに、安心できる品質の作物を購入したいというお客様も多く、減農薬を採用していることから信頼を頂いています。消費者である皆様の健康を第一に考え、県からも安心・安全であると認定された農園の商品は通販でご購入いただけます。